魂の旅、食と誰かと、時々珈琲。

人生は旅。食と珈琲を好んでいる一介の主婦が日々を綴ります。

金曜日の昼下がり/元町・ジャズ喫茶jamjam

今日は朝から神経を尖らせていた。ピアサポーターとして看護師志望の大学生の前で講演しなくてはならないからだ。資料と原稿、どちらも揃っているし準備万端だったがそれでも不安だった。
講演を終わらせたのは昼過ぎてからだった。学生のアンケート結果を見ても一緒に行ったK氏の話の方が学生を惹き付けていたらしい。次の機会があったらもっと違うアプローチが出来たら、と思った。
今日はくたびれた。スーパーの焼き鯖弁当で昼を済ませてから、三宮図書館に予約していた本を取りに行った。「白髪(はくはつ)のうた」市原悦子さんの本だ。彼女を見送ってから何ヶ月経って読むことになる。
読む場所は「ジャズ喫茶jamjam」。彼女の演技人生のほろ苦さがここのブレンド珈琲とよく合うからだ。

白髪のうた

白髪のうた