いろいろ書いてみようかな?

何の変哲もない一介の主婦が、日頃気になっている事とか思っている事とかを書いていきます。

ハーブと精油~アロマテラピー~

「アロマテラピー 本」は 紀伊國屋書店

 

 ハーブの香りには様々な効果があるといわれています。鼻から入った香りの分子は大脳に伝わり、本能や情動、記憶に関する部分にアプローチするといわれています。

 ハーブの揮発性の有効成分を抽出したものが「精油エッセンシャルオイル)」です。精油にはそのハーブの成分が凝縮されています。ハーブはそのままでも香りますが、摩擦を与えることでより強く香ります。

 ハーブを用いた健康法は、民間療法として昔からあります。ハーブティーが代表的なものでしょう。今は自分でハーブを育てることができますから、育てたハーブを使えばより身近な感じがし、香りなどを手軽に楽しむことができます。

 そして、精油はハーブよりも芳香成分が濃縮されているので、取り扱いには注意が必要です。たとえば、精油は成分が凝縮されたものですから、肌に使用する場合は直接精油のまま使用せず、必ず植物油(キャリアオイル)などで薄めて塗らなくてはなりません。しかし、ポイントさえ押さえれば初心者でも簡単なアロマを楽しむことはできます。

 ハーブと精油、用途や気分によって使い分けるとよいでしょう。

 

参考文献
 ・幸せを呼び込むアロマテラピー事典/色映みほ著・マイコミ
 ・はじめてのアロマテラピー/佐々木薫監修・池田書店

 

「アロマテラピー 本」は 紀伊國屋書店