いろいろ書いてみようかな?

何の変哲もない一介の主婦が、日頃気になっている事とか思っている事とかを書いていきます。

人とアロマの歴史その3~アロマテラピー~

■東洋の伝承医学
 アロマテラピーは、東洋の伝統医学からも影響を受けたと考えられています。

□インド・アーユルベーダ医学
 アロマテラピーに大きな影響を与えたアーユルベーダは、ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)・中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつですが、医学のみならず、宇宙観・自然観をも含む哲学であり、具体的な生活術をも含む“生の科学”です。紀元前1200~1000年ごろのインドで成立した神々への賛歌集『リグ・ベーダ』にその源流が見られます。

 しかし、アーユルベーダは、伝承によって伝えられてきたもののため、その成立そのものは更に古く、3000年以上の歴史を持つと考えられていますが、その起源は定かではありません。

□中国の本草
 中国では、薬物に書かれた本を“本草書”といい、西洋の『マテリア・メディカ』と並ぶ東洋の薬草学書としては『神農本草経』が有名です。『神農本草経』は、2~3世紀の漢の時代にまとめられ、後に5世紀末の陶弘景によって再編纂されました。730種の薬石が記された『神農本草経集注』という形で伝えられ、今日の中医学や漢方の基礎となっています。
 ちなみに、“神農”とは、中国の神話に出てくる農業神でしたが、漢の時代に中国太古の伝説上の皇女、炎帝とされるようになったといわれています。

■植物療法の発達
 植物を用いた療法が発展していき、アロマテラピーの原型ができあがっていきました。

精油製造の技術的発展
 古代より、香りは薫香や浸剤の形で用いられてきました。新約聖書に出てくる「ナルドの香油」も、チベットにあるスパイク・ナルドという植物を油に浸透させたものであったろうと考えられています。
 そうした中、アラブ人のイブン・シーナは1000年ごろ精油蒸留法(水蒸気蒸留法)を発明しました。錬金術の中で完成されたとのことです。古代ギリシャ・ヘレニズム文化にその起源をさかのぼる錬金術は、その後ヨーロッパやアラビアで発展していきました。キリスト教の世界では古代ギリシャの文化を異端としていた歴史があり、錬金術も「黒魔術」として否定や誤解をされがちでした。しかし、イスラム教の世界のアラブでは、現代「化学」の前駆的な役割を果たし、大きな発展を遂げたのです。

□イブン・シーナとは
 イブン・シーナ(980~1037)はラテン名でアビセンナ(Avicenna)、アビケンナ、アウィケンナとも呼ばれています。医学・哲学・自然科学に万能で、幼少のころからその才能を発揮し、アリストテレス哲学を習得後には、「現存するものはすべて必然的である」という、独自の存在論を展開しています。医学者としても名高く、彼が著した『医学典範(カノン)』は、17世紀ごろまで西欧の医科大学の教科書に使われていたほどの古典です。彼が確立したといわれている精油の製造法と医学への応用は、アロマテラピーの原型といってもよいでしょう。

□中世僧院医学
 中世ヨーロッパにおける医学は、協会や修道院を中心に行われていた“僧院医学”と呼ばれる薬草中心のものでした。しかし、中世も半ばを過ぎ都市が現れ始めると、次第に専門の医師が必要とされるようになりました。イタリアのナポリから60kmほど南の港町・サレルノは、ギリシャ・ローマ・アラビア・ユダヤという4つの文化が交差してさまざまな知識があふれ、10世紀末には医学を教える施設が設けられるなど、“ヒポクラテスの町”と呼ばれる医学の盛んな町でした。

 ここで生まれた『サレルノ養生訓』はヨーロッパ全土へ広がり、ヨーロッパ最古の医学校・サレルノ医科大学のカリキュラムは多くの大学の範になりました。また、1140年にシチリア王によって「医療を行うものは、試験を受けて合格することを要する」という意味の布告がなされ、医師の国家免許ともいえる制度が始まりました。

□東西文化の交流
 エルサレムキリスト教ユダヤ教イスラム教にとっての共通の聖地です。1070年、このエルサレムイスラム教徒によって占領され、更にイスラム教徒によるビザンチン帝国の侵犯があると、ローマ教皇エルサレムの聖墳墓(キリストの埋葬された墓)の奪還を最終目的として、十字軍を派遣しました。

 1095年の宣言から1291年のアッカー陥落まで、約200年にわたる十字軍遠征の始まりですが、エルサレム奪還はかなわず、占領地を失い、結局十字軍は歴史的には失敗とされました。しかし、この間に多くの人が地中海の地域の東西を行き交い、西欧のキリスト教徒たちが東方の文化に触れ、後のルネサンス文化への萌芽となったことは事実です。その意義は大きく、この交流の中で東西のハーブや薬草、アラビアの医学や水蒸気蒸留法などがヨーロッパに伝えられ、広められました。

 

参考文献

・ひとりで学べるアロマテラピー検定試験1級2級テキスト&問題集
  /村上志緒・門間充衣子監修・ナツメ社

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

人とアロマの歴史・その2~アロマテラピー~

 

 前のエントリーでは植物の力を発見した古代の人類がどのようにそれを利用していたかを説明しました。それではその時代からまた進んでからの古代における香りに関する文化はいったいどのようなものだったのでしょうか。

古代ギリシャ・ローマ自体の偉大な祖たち
 古代ギリシャにおいて、病気をそれまでの呪術的な手法から科学的にとらえて、現代にも通じる医学の基礎を築いたのが、“医学の祖”と呼ばれるヒポクラテスです。彼の考えは『ヒポクラテス全集』に書かれています。
 その後、哲学者でアリストテレスの弟子であったテオフラストス(紀元前373~287)が植物の研究を行って『植物誌』を著し、“植物学の祖”といわれるようになります。
 皇帝ネロ(37~68、在位54~68)の統治下にあったローマ帝国の軍医・ディオスコリデス(40~90)は、各地を旅して薬物を研究し、『マテリア・メディカ(薬物誌、ギリシア本草とも)』を著しました。植物だけで600種、全体では1000項目におよぶ薬物を、植物・動物・鉱物に分け、薬理・機能上から分類したこの本は、近代に至るまで、千数百年もの長きにわたって広く利用されることになりました。
 古代ローマの博物誌家であったプリニウス(23~79)は、77年に『博物誌』全37巻を著しました。これは人類初の百科事典ともいえる大規模な自然誌で、今なお博物学・自然学の聖典として読み継がれています。
 古代の医学を集大成で、以後17世紀にいたるまでの西洋における医学の基礎を作ったのが、ギリシャのガレノス(129~199)です。かれはヒポクラテス医学を基に、自らの解剖学的知見と哲学的理論によって、医学を体系的な学問へと発展させました。猿や豚など動物の解剖によって体内の構造や生理機能を研究したのです。脳・心臓・肝臓を生命活動の中枢であると考えるなど、生理学・病理学的にも大きな業績を残し、アラビア医学にも絶大な影響を与えています。

□ローマの公衆大浴場
 皇帝ネロはバラ好きで有名で、バラの香油を体に塗らせたり、部屋をバラの香りで満たしたりしていたといわれています。そのころのローマでは、火災を防ぐために集合住宅における浴室の設置が禁止されていました。そのかわりに一般市民は公共浴場を利用していたといいます。そして、公共浴場は社交場や娯楽施設としての役割を担い、216年に完成したカラカラの大浴場では浴場内で香油が使われていたといわれています。このようにローマ時代の人々は、皇帝から一般市民にいたるまで香りを楽しんでいたのです。

□東西ハーブの交流
 マケドニアの王アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世、紀元前356~323、在位336~323)は19歳で即位すると、その2年後には東方遠征を始め、アケメネス朝ペルシア帝国を滅ぼし、10年で中央アジア、インド北西部にまでいたる広大な世界帝国を築くことを実現しました。大王自身は志半ばにして32歳でこの世を去りましたが、彼の東方遠征をきっかけに東西にかけて活発な交流が起こり、ギリシャとオリエント文化が融合したヘレニズム文化と呼ばれる豊かな文化が生まれました。このころから東西のハーブや香辛料が、交易品として盛んに取引されるようになりました。

 

参考文献
 ・ひとりで学べるアロマテラピー検定試験1級2級テキスト&問題集
  /村上志緒・門間充衣子監修・ナツメ社

 

 アロマテラピーのテキストを参考にしたので、医学的な歴史も含まれています。ローマ帝国の軍医が600種の植物について記していたというのは驚きです。やはり植物には人間を魅せるものがあるのでしょうね。

 クレオパトラも皇帝ネロもバラが大好きだったんですね、クレオパトラはともかく、ネロは意外でした。そしてネロが統治していたローマの一般市民も香りを楽しんでいたのもこれまた意外です。

 領地争いが元で文化が生まれたり、品物が流通するルートが生まれたりするのはよくあることだったようですが、ハーブもこれにもれず、といったところでしょうか。他文化から来たハーブを楽しんだりしていたのでしょうね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

人とアロマの歴史・その1~アロマテラピー~

 

 

 はるか昔の古代から、植物やその精油は人間の生活に寄り添って利用されてきました。これがアロマテラピーの原型です。その後、ハーブや薬草、芳香植物、精油などは、さまざまな分野で中心的な存在になっていきます。生活の中でくつろぐ時、気分転換をする時、トリートメントを行う時になくてはならないものとして扱われてきたのです。
 私たちが小さな小瓶を手にとって、大好きな香りの精油を芳香浴やトリートメントに利用する時、アロマテラピーがたどってきた長い歴史を振り返ってみることで、1滴の精油に込められた「アロマテラピーの意義」を少し理解できるのではないでしょうか。そして、どうして私たちがアロマテラピーにこんなに惹かれるのか、わかるかもしれません。

□植物の力の発見
 植物は、私たち人間の生活に非常に役立ってくれています。お米や野菜、果物、お茶などの食物としてはもちろん、さまざまな道具や家具、家なども樹木がなくては成り立ちませんでした。
 また、人々は知らず知らずのうちに植物に秘められた不思議な力を発見し、それを生活に活用してきました。たとえば、日本では体を温めるしょうが、消化を助けてくれる大根、虫刺されによいどくだみ、神社のお炊きあげのときに用いられる香木など、現在でもよく知られているものがあります。
 世界的な歴史では、ネアンデルタール人の墓にタチアオイという草花の花粉の跡が残っています。目的は定かではありませんが、この草花の香りや効用、または美しさを知っていて死者にささげたものと思われます。
古代から、香りは神からの授かりものとして考えられていたようで、宗教的な儀式の中で香木や花などが焚かれました。紀元前3000年ごろの古代エジプトでは、ミイラを作る時に乳香(にゅうこう)や没薬(もつやく)を用いていました。これらの植物には防腐効果があり、死者がよみがえって魂が帰ってきた時に、肉体がそのままの姿で残っているようにとの祈りが込められたものです。この時代には、薫香(くんこう)という現代のお香のようなものを焚いて神々をまつったり、ハーブや薬草を湯やオリーブ油などに漬け込んで作った浸剤を肌に塗ったり飲んだりして利用していました。また、紀元前100年ごろに絶世の美女といわれたクレオパトラは、香料、特にバラを好んで入浴や香水に使ったといわれています。

イエス・キリストに捧げた3つの宝
 新約聖書の中にとても興味深い物語があります。イエス・キリストが誕生した時、東方の三賢人(博士)が3つの贈り物を捧げたというものです。イエスが誕生した馬屋でそれぞれが捧げた品は、「黄金」「乳香」「没薬」だったとされています。
 黄金は、いつの世でも価値のある宝ですし、物語の中でも現世の王を象徴する貴重なものとされていますが、アロマに興味があるという方にとっては、なじみのある乳香や没薬が気になるところだと思います。当時、乳香と没薬は「神の薬」を意味し、まさにこの世に降り立った救世主イエス・キリストに捧げる品としてふさわしい品と考えられました。現在では、乳香はフランキンセンス、没薬はミルラとしてアロマテラピーに広く活用されていますが、どことなく神秘的で魅力あふれる香りなどから、新約聖書の逸話にも深くうなずけるものがありますね。

 

参考文献
 ・幸せを呼び込むアロマテラピー事典/色映みほ著・マイコミ
 ・はじめてのアロマテラピー/佐々木薫監修・池田書店
 ・ひとりで学べるアロマテラピー検定試験1級2級テキスト&問題集/村上志緒・門間充衣子監修・ナツメ社

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ハーブと精油~アロマテラピー~

「アロマテラピー 本」は 紀伊國屋書店

 

 ハーブの香りには様々な効果があるといわれています。鼻から入った香りの分子は大脳に伝わり、本能や情動、記憶に関する部分にアプローチするといわれています。

 ハーブの揮発性の有効成分を抽出したものが「精油エッセンシャルオイル)」です。精油にはそのハーブの成分が凝縮されています。ハーブはそのままでも香りますが、摩擦を与えることでより強く香ります。

 ハーブを用いた健康法は、民間療法として昔からあります。ハーブティーが代表的なものでしょう。今は自分でハーブを育てることができますから、育てたハーブを使えばより身近な感じがし、香りなどを手軽に楽しむことができます。

 そして、精油はハーブよりも芳香成分が濃縮されているので、取り扱いには注意が必要です。たとえば、精油は成分が凝縮されたものですから、肌に使用する場合は直接精油のまま使用せず、必ず植物油(キャリアオイル)などで薄めて塗らなくてはなりません。しかし、ポイントさえ押さえれば初心者でも簡単なアロマを楽しむことはできます。

 ハーブと精油、用途や気分によって使い分けるとよいでしょう。

 

参考文献
 ・幸せを呼び込むアロマテラピー事典/色映みほ著・マイコミ
 ・はじめてのアロマテラピー/佐々木薫監修・池田書店

 

「アロマテラピー 本」は 紀伊國屋書店

アロマを楽しんでみませんか?~アロマテラピー~

「アロマテラピーの本」といえば 紀伊國屋書店

 

皆さん、「アロマテラピー」をご存知でしょうか?

「○○の香りをかぐと、心が安らぐわ」

「△△の香りをかぐと、頭がスッキリするんだよね」

 こういった経験はないでしょうか?

 アロマテラピーとは、ハーブなどの自然植物が生む香りの成分を利用することで、肉体や精神を健康にしようとする民間療法で、「芳香(ほうこう)療法」ともいわれます。一般的には、植物から抽出された精油エッセンシャルオイル)を使った健康法と定義されています。しかし、ハーブティーを飲んだり花の香りをかいだりするなどの香りの利用法すべてを、広義のアロマテラピーと捉えることができる、ともいわれています。

 病気の「予防」も手助けしてくれます。たとえば疲れた時に安らぐ香りをかぐことで慌ただしさを忘れさせてくれますし、気分がスッキリしない時にさわやかな香りがするハーブティーを飲んだりすることで、気分転換となり自己治癒力を高めることを促すことができるでしょう。

 ただし、人の好みがそれぞれであるように、その人に合った香りというものがあります。嫌な匂いだと感じるものを無理にかいでも、気分が悪くなるだけですので、自分に合った香りを試すのはとても大切なことだといえるでしょう。

 アロマテラピーは決して難しいものではありません。アロマを生活に取り入れ、気分転換を図ったり、安らぎのひと時を過ごすための方法として取り入れてみてはどうでしょうか?


参考文献
 ・幸せを呼び込むアロマテラピー事典/色映みほ著・マイコミ
 ・はじめてのアロマテラピー/佐々木薫監修・池田書店

 

「アロマテラピーの本」といえば 紀伊國屋書店

ブログをはじめました。

 こんばんは、はじめまして。私は大阪に住んでいる主婦です。

 

 色んなことを調べたりするのが好きで、以前はツイッターでまとめを作ってました。

 

 次回から、私が興味を持ったことについて書いていこうと思います。

 

 よろしくお願いします。